Showing all posts tagged review:

ゲームを語る:ライアーズダイス

『ライアーズダイス』は、最大6人まで遊べるダイスゲームです。各自5個ずつのダイスを振り、ダイスカップの中に隠しておきます。自分の出した目だけをこっそり見ながら「3が8個」とか「5が10個」などと宣言し、全員合わせてどの目がいくつ出ているかをあてるのが目的です。 といっても、目の数の宣言には根拠はいりません。自分の出目の中に6が一つもないのに「6が12個」などとシレっと宣言しても構わない...

ゲームを語る:ごいた

『ごいた』は、石川県の漁師町、宇出津地区に伝わる伝統ゲーム。必ず4人でプレイするゲームで、向いあった2人が組になって戦うペア戦のゲームだ。 まず、将棋の駒に似た32枚の駒を伏せ、各自8枚ずつ取る。スタートプレイヤーは、手駒から好きな駒を出して、右隣のプレイヤーに対して攻撃をしかける。攻撃を受けたプレイヤーは、「攻め」の駒と同じ駒を持っていればそれを出して「受け」ることができる。受けるこ...

ゲームを語る:ひつじがいっぴき

カードゲームとしてはとても簡単。 まず、ひつじが1~4匹描かれたカードを5枚ずつプレイヤーに配る。 スタートプレイヤーは「ひつじがいっぴき」と言って手札からひつじ1匹分のカードを出す。 次のプレイヤーは「ひつじがにひき」と言ってやはり手札からカードを出す。 この時、カードは何枚でも構わない。1匹のカード2枚でも、2匹のカード1枚でもいい。 とにかく、羊が2匹分のカードを出せばいいのだ。 ...